医療法人 本田耳鼻咽喉科医院

一宮市神山の耳鼻咽喉科, 小児耳鼻咽喉科 医療法人 本田耳鼻咽喉科医院

〒491-0904 愛知県一宮市神山1-1-7
TEL 0586-46-1595

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

耳鳴

耳鳴の治療

【原因】
耳鳴のある人はきこえが悪いことが多いので、聴覚系(きこえに関係した部位)に異常がおきると耳鳴がするといえます。
聴覚系の異常は外耳、中耳、内耳、聴神経、脳のいずれの場所でもおきます。
聴覚系に異常なしでも過労、不眠、ストレス、肩こり、高血圧、動脈硬化、糖尿病でもおきます。
耳鳴で当院を受診され、検査したら内科の病気がみつかった人がたくさんいます。

耳鳴の原因(最近の説)

1.きこえが悪くなったのを補おうとするためという説。
治療は、きこえを補聴器をすることで改善し、耳鳴をなおす。(慶應大)

[耳鳴が起こるメカニズム]

① 難聴(老人性難聴など)により電気信号が脳に届きにくくなる
② 脳が電気信号の不足を感知する
③ 脳が不足部分を補おうとして活性を高め、電気信号を増幅する
④ 耳鳴が発生する

[耳鳴はどのように発生するのか]

耳鳴はどのように発生するのか

聴覚路に障害が発生する
音を電気信号に変換して聴覚野に伝達する経路である聴覚路で障害が起こると、信号が届きにくくなる。
多くの難聴は、蝸牛の障害で起こっているといわれる。

信号が弱い状態を補うため、脳が変化して電気信号を強化する
聴覚路の障害で信号が届きにくくなると、信号が弱い状態を補うため、脳が変化してその電気信号を強化する。

電気信号が強化されて耳鳴が発生する
脳の変化で、もともとは聞こえなかった小さな耳鳴が大きくなり、聞こえるようになる。

 

2.耳鳴を気にすると脳が過剰に反応し、さらに悪化させる。
治療は気にしないように、他の音でまぎらわす。不安を除くための説明を聞く。(名市大)

[耳鳴に関わる脳の部位]

耳鳴を気にし始めると、脳の中でいくつかの部分が過剰に反応します。
まず、大脳の部位のうち、進化的に新しい部分である大脳新皮質の「前頭前野」です。前頭前野は、大脳新皮質の中にあって、思考や創造的な活動を担う、いわば脳の司令塔ともいうべき場所です。
耳鳴が聞こえてくると、この前頭前野の一部が下した判断が、耳鳴の症状に影響を与えるようになります。

「耳鳴はなぜ起こるのだろう?」
「このまま耳鳴が治らないのではないか?」

耳鳴の正体がわからないまま、脳がこのように考え始めると、だんだん不安になっていきます。
この不安が、耳鳴を悪化させる最大の要因です。

耳鳴に関わる脳の部位

【当院の治療】
・首、肩をさわりますとこっていることが多く、首、耳の周りには耳鳴・めまいのつぼがあり、
 そこを押したり低周波、ハリをあてるとよくなります。
・いろいろな治療をしても治りが悪い人
 1)局部麻酔薬(リドカイン)静注法
手術する時などに使う麻酔の薬を静脈へ注射。
良くきいた人は注射の途中で耳鳴が小さくなります。
2)鼓室内(中耳腔内)ステロイド剤注入療法
埼玉医大坂田教授が2年間で、1,142人に2週間に1回、計4~5回おこない、60%の人がよくなりました。

当院には他の治療法でなおらなかった人も来られますが、10の強さのが0になるのは難しいですが、少しでも小さくなっていただければ良いと考え、いろいろな治療をしております。

※著効例-50歳代、両耳とも高度難聴。
(平均右75dB、左80dB)、両耳とも補聴器使用。
他医へ3年間通院したが、10年以上続く耳鳴は変わらず。転勤のため当院へ。
薬はずっとのんでいたが、無効のため中止し、ツボヘ低周波、耳へ極超短波を週2回照射し、2ヵ月で一日中鳴っていたのが、ほぼ消失した。

 

耳鳴、めまいの食事

(良い物)

  作用 多く含む食品
ビタミンB1 不足すると疲れやすくなり
脳が十分に活動しなくなる
豚肉、ハム、落花生
ビタミンB2 不足すると疲れや老化の原因
となる過酸化脂質を作り出す
うなぎ、海苔、豚レバー
卵、しいたけ
ビタミンB6 免疫反応にかかわる ポテトチップ、小麦胚芽
さんま、かつお、いわし、鮭
ビタミンB12 神経の代謝をうながす レバー、うるめいわし
すじこ、さんま、あさり、しじみ
蛋白質 不眠、過労で生活のリズムが
乱れるとエネルギーを補給するため
多量の蛋白質が必要となる
牛乳、乳製品、卵
大豆製品、魚、肉
ビタミンC 疲労回復をうながし、ストレスに
対する抵抗力をつける
野菜、果物
 
カルシウム 脳細胞の興奮を抑えるので
不足するとイライラしやすくなる
小魚、牛乳、チーズ
ヨーグルト

(悪い物) 酒、コーラ、コーヒー、からい物、インスタント食品

 

耳鳴・難聴のツボ

翳風えいふう

翳風(えいふう)-耳介(耳たぶ)の後ろの骨がでっぱった部分と耳たぶの間にあるくぼんだ所

(効果)全身のエネルギーの流れを促し、内耳の機能を高める。
(方法)人さし指を当て、ゆっくりと5回程度刺激。弱めの力で押します。

天柱

天柱(てんちゅう)-うなじのはえぎわで、首の後ろの真ん中のくぼみの両側にある2本の太い筋肉の外側にあります。

(効果)後頭部のこりをほぐし、血行をよくする。
(方法)両手の親指を当て、首の中心に向かって気持ちよく感じる強さで4~5回繰り返し押します。

耳門

耳門(じもん)-耳珠じじゅ(耳の穴の前にあるやわらかい隆起した部分)の上端の前のくぼみにある。
(方法)両手の人差し指を左右のツボに当て、軽く押したり離したりを5~6回繰り返します。

聴会(ちょうえ)-耳珠の下端の前側にあるくぼみで口を開けるとへこむ所
(方法)耳門と同じです。