医療法人 本田耳鼻咽喉科医院

一宮市神山の耳鼻咽喉科, 小児耳鼻咽喉科 医療法人 本田耳鼻咽喉科医院

〒491-0904 愛知県一宮市神山1-1-7
TEL 0586-46-1595

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群 Sleep Apnea Syndrome (SAS)

○SASとは
一晩の睡眠中(7時間)に10秒以上の無呼吸が30回以上起こるか、1時間に5回以上の無呼吸が起こる。
大きないびき、不眠、日中の眠気がある。

○呼吸が止まる仕組み
・肥満-のどの周辺に脂肪が付いて、あお向けに寝ると重力で舌の付け根が落ち込み気道が塞がれ、大きないびき、呼吸停止が起きます。

全身の酸素不足

血管、心臓に負担

血圧↑、心拍数↑

心筋梗塞、狭心症、脳卒中

・肥満以外の危険因子
下顎(あご)の骨が小さい
首が短く、太い
扁桃腺、アデノイド(咽頭扁桃)が大きい
鼻中隔弯曲症(鼻腔を左右に分ける骨が曲がっている)

 

セルフチェック

 

昼間の眠気指数

  1. 座って読書しているとき
  2. テレビを観ているとき
  3. 公の場で座って何もしていないとき(たとえば劇場や会議)
  4. 1時間続けて車に乗せてもらっているとき
  5. 状況が許せば、午後横になって休息するとき
  6. 座って誰かと会話をしているとき
  7. 昼食後(お酒を飲まずに)静かに座っているとき
  8. 自分で運転中に、交通渋滞で2~3分停まっているとき


0点:けっして眠くならない
1点:まれに(ときに)眠くなる
2点:1と3の中間(ときどき眠くなる)
3点:眠くなることが多い

この8つの状況における評価の合計点が8~9点以下なら、SASの心配はまずありません。しかし、10点以上なら要注意です。さらに、15点以上なら重症のSASが疑われます。

 

治療

(1)肥満の方は減量で改善することもあります。
(2)扁桃腺、アデノイドを切除、鼻中隔弯曲を手術すると、気道が広がり、これが原因の方は改善します。
(3)SASの中で多い閉塞性SASの治療にはCPAP療法が有効です。

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)
持続性陽圧呼吸

睡眠時に鼻マスクを付けて、小型の装置から一定の圧力をかけた空気を気道に送り、気道を広げ、無呼吸を防ぐ治療で、自宅でできます。
有効なら治療第一夜から快適な睡眠がえられます。
継続することで、昼間の眠気が改善し、血圧も改善されます。
小型なので旅行、出張に持っていけます。
検査し、無呼吸指数(AHI、睡眠時1時間当たりの無呼吸と低呼吸の平均回数)が20以上が適応となります。
AHIが20未満でも、高血圧、脳血管障害、虚血性心疾患があったり、昼間眠気が強い場合も試みられます。