医療法人 本田耳鼻咽喉科医院

一宮市神山の耳鼻咽喉科, 小児耳鼻咽喉科 医療法人 本田耳鼻咽喉科医院

〒491-0904 愛知県一宮市神山1-1-7
TEL 0586-46-1595

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

2019年 花粉情報

2018年は、寒く飛散の開始が遅れましたが、飛びだしたらそれまでの分がどっと飛んだためか、症状が強く出た方がみられました。
2019年は、気象協会とウェザーニュースと予想が少しちがっています。どちらも正確に測っているといってます。
これからの天気によりかわってきます。

日本気象協会tenki.jp
3月は各地でスギ花粉飛散のピーク 東京は多く飛ぶ期間が長い
花粉の飛散量は例年より多いが、広い範囲で前シーズン並みか少ない
2月中旬に、九州、四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンスタート
 

1.各地のピーク予測(スギ・ヒノキ花粉)

スギ花粉のピークは、福岡では2月下旬から3月上旬、広島・大阪では3月上旬、高松・名古屋では3月上旬から中旬でしょう。東京のピークは3月上旬から4月上旬となり、多く飛ぶ期間が長いでしょう。金沢と仙台では3月中旬から下旬にピークを迎える見込みです。

スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まります。福岡では3月下旬から4月上旬、広島・大阪では4月上旬、高松・名古屋・東京では4月上旬から中旬でしょう。金沢と仙台では4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはない見込みです。

スギ・ヒノキ花粉の飛散量がピークになる時期は、花粉シーズン中の気温や予想される総飛散量と関係があると考えられます。2月、3月の気温は北日本では、ほぼ平年並み、東日本では平年並みか高く、西日本では高い予想です。
スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は、例年並みか少し早まる見込みです。

2019年 スギ・ヒノキ花粉のピーク予測

東日本:2019年スギ・ヒノキ花粉のピーク予測(2019年1月17日発表)

2.2019年シーズンの花粉飛散傾向(スギ+ヒノキ 北海道はシラカバ花粉)

2019年春の花粉飛散量は、例年比でみると、東北から近畿でやや多い地方が多く、中国地方では多いでしょう。四国は例年並みで、九州は例年並みか多めとなりそうです。北海道は例年を下回るでしょう。一方で、前シーズンと比べると、北海道から関東甲信、東海は少ない傾向ですが、北陸では多いか、やや多い見込みです。秋田県では前シーズンの飛散量が少なかったため、前シーズンと比べて「非常に多い」予測です。

前シーズンの花粉の飛散量は、全国的に例年よりも多くなりました。前シーズンの特徴として、ヒノキ花粉の飛散量が多い傾向があり、東京ではヒノキ花粉が過去10年で最も多く飛散するシーズンとなりました(例年比約4.9倍、2017年シーズン比約4倍の飛散量、日本気象協会の観測地点調べ)。今シーズンの予測に向けて花芽調査を行ったところ、ヒノキの花芽の生育が前シーズンほどではないことが分かりました。このため、今年のヒノキ花粉の飛散量は前シーズンより少ないと予測します。

2019年の花粉飛散量(例年比)

2019年の花粉飛散量(例年比)

2019年の花粉飛散量(前シーズン比)

2019年の花粉飛散量(前シーズン比)

3.各地域の2019年シーズンの花粉飛散傾向(スギ+ヒノキ 北海道はシラカバ花粉)

2各地域の2019年シーズンの花粉飛散傾向(スギ+ヒノキ 北海道はシラカバ花粉)

4.2019年シーズンの飛散開始時期(スギ花粉)

スギ花粉の飛散開始は、関東から近畿、中国、四国地方、九州で、例年より5日ほど遅くなる見込みです。

その結果、2月中旬に九州や四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンがスタートするでしょう。

2019年の1月から2月は、気温が北日本では、ほぼ平年並み、東日本は平年並みか高く、西日本は平年より高くなる予想です。2018年12月の気温が平年より高かったため、休眠が遅れた上、これから2月にかけての気温が高めで経過し、スギの雄花の休眠打破が遅れる見込みで、2019年春のスギ花粉の飛散開始は、東日本と西日本で例年より遅くなるでしょう。

スギ花粉は、飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月中旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

※飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

2019年スギ花粉前線

2019年スギ花粉前線(2019年1月17日発表)

ウェザーニュース

■関東
猛暑で6年ぶりの大量飛散の恐れ

■東海・甲信南部

花粉の飛散量

過去10年の花粉飛散量と2019年予想

■夏の天候
2018年の夏は、高気圧の影響で晴れた日が多く、記録的な猛暑となりました。日照時間も平年を大きく上回り、スギ・ヒノキの雄花の生育に適した条件であったと考えられます。

■飛散量予想
夏の天候と隔年の飛散傾向から、2019年シーズンの予想飛散量は、平年より多い1.22~2.43倍、2018年シーズンの1.84~5.47倍となる予想です。特に、ピーク時は大量飛散の恐れがあります。2014年~2018年は、飛散量が比較的少ない年が続きましたが、2019年はここ数年に比べて症状がつらく感じる可能性が高いため、早めの対策がおすすめです。

  平年比 2018年比
山梨 243% 340%
静岡 123% 388%
愛知 194% 547%
岐阜 148% 184%
三重 122% 410%

 

環境省花粉観測システム

はなこさん。全国の花粉飛散状況を地図と表、グラフで表示。35分ごとに更新。

詳しくはこちら

花粉なう

全国の花粉飛散予報、花粉症症状チェック、花粉症の基礎知識等。

詳しくはこちら

ウェザーニュース-花粉情報

全国各地の花粉飛散情報。

詳しくはこちら

tenki.jp-花粉情報

全国の花粉飛散予測、アドバイス等。

詳しくはこちら